モンキチョウ

北海道から南西諸島までにわたり広く分布する。前翅外縁は黒く、翅の中央には銀色の斑紋がある。雄の翅の地色は黄色、雌では黄色と白色の2種類がある。前翅長は約50mm。 出現期は3〜11月頃。幼虫で越冬し、早春に羽化する。日当たりのよい公園、明るい草地、農地 、畑、河原などでよく見られる。 幼虫の食草はシロツメクサなどのマメ科植物である。 マメ科植物のある場所なら、あらゆる場所に広く分布している。